ブログ

事例864「気密シート施工不備」

「とくダネ」。今日放送されました。

他に2件現場を撮りましたが、使われたのは1件。
複数の現場を撮影し、使う事例を選ぶようです。

 

■(1)今回の事例______________

「気密シート施工不備」
_______________________
気密シート施工不備

◆写真解説

気密シートの留めつけ不備。
天井裏の室内から見えない箇所で施工がいい加減。

隙間があれば、気密の効果が減る。

 

◆内容説明

グラスウールやロックウールなどの断熱材は湿気を通すため、
壁内結露防止の目的で室内側に気密シートの施工が必要。
(壁内に水蒸気が入ると、外壁側で結露を起こす)

防湿シートにくるまれていない断熱材を使う場合、
写真のように現場で気密シートを施工する。

施工は大工さんが行うことが多く、
シートの意味を分かっていなければ、このような施工になる。

本来、石膏ボードを張りあげることでシートを抑えるか
気密テープなどで端部を留める。

 

◆対策

施工方法を事前に確認する。
石膏ボードを張る前に留めつけをチェックする。

 

==============================

■(2)編集後記

昨日の夕方、弁護士事務所で打ち合わせ。

裁判結果の弁護士の予想は低め。
これにお客さんが不安になったようです。

結果が予想を下回った場合、あとから責められるのを嫌い、
低めの予想を出していることを依頼者は分かりません。

仕事に余裕がある弁護士は、それで断れるならそれでもOKと
思っています。

反対に、いいことばかり言うケースは要注意です。
基本的に結果に責任は取らないし、1回きりの業務なら何とでも言えます。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

最近の更新

2023/02/09
住宅瑕疵担保責任保険
2023/02/08
耐震等級3
2023/02/04
紛争処理
2023/02/01
冬の備え
2023/01/30
品質管理の実施具合

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影