ブログ

xevoΣ

先週末、ダイワハウスの新商品(ジーボΣ)の構造検査を行った。

プレハブメーカーが構造躯体をフルモデルチェンジするのは珍しい。
どこのメーカーもマイナーチェンジはしても、何十年前から躯体の構造を変えない。
ダイワハウスは売り上げも大きく、利益もたくさん出ているため
商品開発に大金を使えるのでしょう。

今回、耐震性も向上したようですが、
2階建ての住宅においては、どこも耐震性はさほど変わらない。
最も差が付きやすいのは「省エネ」。

鉄骨は熱が伝わりやすく、柱、梁などが断熱の欠点となる。
鉄骨系メーカーは省エネ性能をカタログで過大に書きすぎている。
省エネ最高等級の家だといっても、実際は暑くて、寒い家が多い。

ダイワハウスは何年か前から鉄骨プレハブで外張り断熱を行っていたが、
外側に薄いグラスウールを貼り付けた程度でした。
今回のフルモデルチェンジでそれがかなり進化した。
外壁パネル自体を完全外付けにして、壁全体の断熱材の厚みをUPさせた。
さらに他社が気にしていない気密も取るようです。

ジーボΣは今までの鉄骨プレハブ住宅の省エネ性を大きく変える商品かもしれません。
実際に完成し、お客さんが住むまでは確信できませんが、構造体の実物と図面を見て、
省エネ面で他社に大きな差をつけたという印象を持ちました。

今後、新築需要が減る中で、各メーカー、多額の商品開発費は出しにくい。
それでも時代の流れに沿って、鉄骨系の省エネ化は進化していくと思います。

今回、ダイワハウスを持ちあげる内容になりましたが、
検査では少し不備があり、指摘をいくつかあげました。
構造体の組み立てに、多くのボルト、金物を使うため、施工の不備が出やすい。
現場での組み立てがもう少し簡易化されると、ミスは減ります。

 

 

 

 

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影