ブログ

事例893「床断熱の施工不備」

昨日、名古屋へ帰る新幹線はすべて満席。
仕方なく、デッキに立ってました。

2週間くらい前も大きなスポーツイベントの影響で満席。
今月だけで2回、同じ経験をしました。

やはり年末年始、GW、お盆休みに
遠方へ移動してはいけません。

 

■(1)今回の事例______________

「床断熱の施工不備」
_______________________
基礎断熱

◆写真解説

基礎断熱の雑な施工。
浮き上がりや隙間による断熱欠損だらけ。
有名大手メーカーの現場です。

 

◆内容説明

見えない箇所で手を抜かれる。
この現場も、普段目につかない床下でいい加減な施工がされていた。

親会社のイメージが良いため手抜きは無縁に思える会社ですが、
建築業者は大手だから安心とは限りません。

省エネ化で基礎断熱を採用する会社が増えている。
職人が慣れていないと、雑な施工になりやすい。

基礎断熱のあと貼りは、隙間が出やすく結露を起こしやすい。
コンクリート打設時、型枠にセットするか
現場吹き付けをお勧めする。

 

◆対策

床を貼る前に、断熱材の施工をチェックする。

 

==============================

■(2)編集後記

事務所の掃除はスタッフがやってくれたため、
今朝、車を洗いに行きました。

早く出掛けましたが、すでに洗車機は4台の順番待ち。
20分ほど並んで洗車してきました。

年内に片づけるつもりの仕事が2つほど残りました。
午後からは家の雑用を済ませます。

2016年も引き続き、欠陥事例を紹介していきます。
始める時に目標とした1000号。来年度中に達成するでしょう。

それでは皆さま、良いお年をお迎えください。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影