ブログ

事例909「屋根断熱の施工不備」

事務所内の整理を行いました。
物の位置を少し変えたりして、使いやすいようにアレンジ。

大事な書類を預かったりするので
常に整理整頓を心がけています。

 

■(1)今回の事例______________

「屋根断熱の施工不備」
_______________________
屋根断熱落下
◆写真解説

屋根断熱材の落下。原因は接着不良。
野地板間に通気の施工もない。

 

◆内容説明

断熱材の知識がないまま、施工するとこのようになる。

屋根断熱にする場合、結露防止のため、
野地板間に通気を設けないといけない。

通気もなく、断熱材の固定も接着剤を少量しかつけないため落下した。

断熱材の施工は、専門業者が行うとミスが少ない。
例えば、ウレタン吹き付けやセルロースファイバーなど。

大工さんが行うとミスが出やすい。

 

◆対策

完成してから断熱材の不備を指摘すると
修理が大変で業者がやり直しを拒むケースが多い。

工事中に断熱材の施工をチェックする。

 

==============================

■(2)編集後記

東日本大震災で東京都町田市のスーパー「コストコ多摩境店」の駐車場
スロープが崩落し、2人が死亡、6人が負傷した事故で、東京地裁立川支部
は8日、スロープの構造設計を担当し、業務上過失致死傷罪に問われた
1級建築士に禁錮8月、執行猶予2年(求刑・禁錮1年6月)の判決を
言い渡した。

震災による建物崩壊で建築士の刑事責任が問われた初のケースのようです。

今後、大きな地震が来て、建物が倒壊すれば、設計や監理をした
建築士は刑事責任を取らされるでしょう。

最近は、監理者の欄に安易に名前を書かないケースが増えています。
監理できない場合は、記載を断るようです。

ただし、監理者なしではダメなので、施工会社の建築士が
名前を記入する例が多い。

会社命令で監理者にさせられ、実際には現場へ行く暇がない。
そんな状況が多いのではないでしょうか。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

最近の更新

2021/09/24
高さ制限を無視
2021/09/22
雨漏りか結露か
2021/09/17
事例1232 「柱の割れ」
2021/09/15
検査の出戻り
2021/09/12
新築検査の必要性

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影