ブログ

事例910 「配置ミス」

書類作成業務がたまっていたため、
ここ数日は、現場予定を多少調整していました。

書類の処理もひと段落。
明日は1日、欠陥検査です。

 

■(1)今回の事例______________

「配置ミス」
_______________________
配置
◆写真解説

境界からの距離を間違えて基礎を施工。
位置出しを間違えたのが原因。

 

◆内容説明

境界からの離れ、図面で80CM。
現場で測ると1M。20CMのずれ。

配置ミスは、時々検査で見つけます。
10CMくらい間違えている例や、斜めに配置されている例が多い。

また、高さを間違えている例もある。

瑕疵保険の配筋検査は、配置を確認していない。
配筋だけ見ていると、配置ミスを見落とします。

また、もともとの測量がいい加減で
図面が間違っていることもある。

 

◆対策

あとから気づいても修正は困難。

建物の位置出し時に、高さや配置を複数でチェックをする。

 

==============================

■(2)編集後記

最近寄せられるトラブル事例で、ある3社に対するものが多い。
3社は、有名な会社。

有名なだけに安心感もあるし、営業の対応も良い。
カタログなどは、かなり誇大表現しているので
この家は良いと思い込み、契約してしまう。

工事が始まるとミスが連発。

苦情を言うと、一応謝罪はあるが、
最終判断を顧問弁護士に委ね、納得いかない返事が来る。

中小工務店の方がトラブルになる確率が多いように思えますが、
有名メーカーでもトラブルは頻発しています。

契約前と全く違う態度に、怒りが収まらない方が多いです。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る