ブログ

欠陥が減らない理由

このところ、ほぼ毎日、面談、相談があります。
週末や直前は予約が取りにくい状態です。

いろんなメーカーの現場やたくさんの紛争を見ているため
家を買う方たちに、話す内容はいろいろあります。

 

瑕疵検査した家。構造計算書にこんな警告が出ていた。
「地震時に基礎が浮く」

対処として、浮かないような構造を検討し、修正することが当たり前だと思います。
しかし、何の対策もされず、設計者のこの一言で確認申請はおりている。

「上の躯体が浮き上がりに有効な形状。問題ないと判断します」

根拠を出すのが普通だと思いませんか?

今の建築業界は、建築士が良いと言えば、
行政はおかしいと思っても深く突っ込まない。責任は全て建築士。

そんな状況だから、欠陥やミスが無くならない。

 

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影