ブログ

事例927「不要な配管を放置」

春休みも終わり学校が始まりました。

私の娘は留年したため、2回目の1年生。

楽して卒業しようとする計画がとん挫し
やる気と焦りが伝わってきます。

厳しくやってくれている学校関係者に
感謝しなければいけません。

 

■(1)今回の事例______________

「不要な配管を放置」
_______________________

配管ごみ
◆写真解説

便器の配管位置を変えたため、配管が2つ。
1つは不要な材料。撤去すべきものです。

 

◆内容説明

設備配管は器具で立ち上げ位置が決まる。
そのため、位置を動かすと配管のやりかえが必要。

床下で目につかないため、不要な配管材料をそのまま放置。
穴が断熱欠損になるなど影響もある。
本来、目につかなくても撤去すべきものです。

 

◆対策

床下を確認する。

 

==============================

■(2)編集後記

昨日、2人の方へ「弊社は無料相談所ではありません」
というメッセージを送りました。

相談に答えるだけでも時間を使います。
1回ならともかく、2、3回目はお金を払う意思を示して欲しいです。

私のような士業の場合、報酬は基本的にはタイムチャージです。
メールでも電話でも無料相談に時間を使えば
他の仕事が遅れていきます。

また無料ですと、時間をかけて答えることもできません。
簡単な回答になっているはずです。

お互いのため、相談類の決まりを明快に決めないといけないですね。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影