ブログ

事例929「風呂排水、床下へ漏水」

昨日は始発の新幹線で東京へ行きました。

8時台の品川駅。山手線ホームと車内の混み具合に驚きました。

名古屋の通勤ラッシュは、そこまで混みません。
次からこの時間は外したいと思いました。

 

■(1)今回の事例______________

「風呂排水が床下へ漏水」
_______________________

風呂漏水

◆写真解説

風呂の排水が床下に漏れている。
ユニットバスでない風呂。防水工事を忘れたことが原因。

 

◆内容説明

ユニットバスとベタ基礎が主流になり
タイル貼りの風呂を造ると防水を忘れるケースが多い。

今回も洗い場の防水を忘れ、排水が基礎内へ漏れた。

修理は床を壊し、防水を行う。
かなり大掛かりで費用もかかるため、現在業者は逃げている。

 

◆対策

ユニットバスでない風呂を造る場合、
防水工事について打ち合わせをする。

 

==============================

■(2)編集後記

来週の連休入り前まで、現場と打ち合わせ予定が非常に混んでいます。

昼間電話をいただいても、折り返し電話できる数は2,3件。
それ以上、電話に時間を割くと、スケジュールが狂います。
できるだけメールにて連絡を頂くよう、お願いします。

6月に東京で行うセミナーの資料の締め切りがGWあけ。
一人で3時間半行うセミナー。資料はかなりの量です。
連休も休んでいる暇はなさそうです。

このセミナーの詳細は、今日発売の日経HBに記載されています。
申し込みは読者限定。一般の受け付けはないようです。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影