ブログ

事例932「人通口部、鉄筋露出」

今日も1日、書類作成に没頭。

1日事務所にいるときは、
集中力を欠かないように、いろいろ工夫します。

予定どおり仕事は片付いています。

 

■(1)今回の事例______________

「人通口部、鉄筋露出」
_______________________

鉄筋露出

◆写真解説

基礎スラブ、人通口開口部、鉄筋の断面が露出。
かぶり不足で基礎の耐久性に影響する。

 

◆内容説明

基礎立ち上がり部の人が通るための開口。

鉄筋組時に開口をあけずに施工、
スラブコンクリートを打設したあとに鉄筋を切断した。

職人はこの方法でも問題ないと思ってやっている。

よく見る事例であり、配筋検査で指摘されないのか?

 

◆対策

人通口の縦筋は、スラブコンクリート打設前に切っておく。

 

==============================

■(2)編集後記

3年くらい前に欠陥の処理に入った工務店。

その時、工務部長は、今後はミスを犯さないように
社内検査や現場の管理体制を強化すると言っていた。

その工務店の現場に新築検査に入った。

現場監督は工事課長が担当。

忙しいのか、毎回、検査に立ち会わない。
職人に聞くと、ほとんど現場に来ない。
指摘を出しても是正をしない。

完全に現場監督が不在な状態。

経営陣がいくら良くしようとしても
社員のやる気がないようです。

こんな調子では、いい家は建ちません。

今後、この工務店を検討している人がいたら
やめた方が良いと勧めます。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影