ブログ

事例937「基礎のクラック」

ここ数ヶ月続いた忙しさがひと段落しました。

それでも雑誌原稿の締め切りが迫るなど
やることはたくさんあります。

 

■(1)今回の事例______________

「基礎のクラック」
_______________________

異種基礎

 

◆写真解説

建物の基礎と擁壁が接合されている。
擁壁の動きでクラックが発生。本来は切り離す必要がある。

 

◆内容説明

建物基礎下には杭あり。擁壁下には杭がない。
施工時に一体でコンクリートを打設したため一体化。
擁壁が沈下で動き、ひび割れを起こした。

設計は切り離すようになっている。
現場判断で一体化させてしまった。

 

◆対策

現場監督が見落とさないように、設計図書の書き方を工夫する。

 

==============================

■(2)編集後記

建築業界で働く知人の判断が原因で
住宅メーカーとトラブルになっているケースが多い。

ほとんどのケースは知人に悪意はない。
自分の経験で意見したことが、住宅メーカー側からするとずれている。
1つの会社で仕事を長くやっていると他所のことが分からない。

瑕疵の判断は難しい。無駄な争いを避けるため、
ハウスメーカー側の説明も聞くことが大切です。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影