ブログ

事例953「合板濡れ」

今日は移動距離が長かったのと
夜も打ち合わせを入れたため疲れました。

最近はハードに動いたあとでも体重が減りません。
1,2kg落とすのも大変です。

 

■(1)今回の事例______________

「合板濡れ」
_______________________

合板濡れ
◆写真解説

工事中に床合板が濡れた。
合板は乾きにくいため、数日経過しても含水率が70%もある。
乾くまでフローリングを貼れない。

 

◆内容説明

この時期に躯体を組むと濡れやすい。
最近の木造住宅は、1階床を先に組むケースが多いため
1階床が濡れやすい。

濡れたまま、フローリングを貼ると
接着剤が付かない、表面にカビが生えるなどの影響が出る。

 

◆対策

養生しても濡れることがある。
濡れた場合は、風を当てるなどして乾かす。

 

==============================

■(2)編集後記

5,6月は瑕疵検査のほうが少し落ち着いていましたが
7月はすでに瑕疵検査の依頼がたくさん入っております。

また書類作成に追われそうです。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る