ブログ

事例952「床下木材カビ」

瑕疵検査に行った現場。もうすぐ短期保証が切れます。

保証切れで業者が逃げる恐れがあるので
早めに弁護士を入れて対応します。

私の方も書類を早く書かないといけません。

 

■(1)今回の事例______________

「床下木材カビ」
_______________________

床下カビ
◆写真解説

床下の木材に生えたカビ。工事中、雨に濡れたことが原因。

 

◆内容説明

無垢材は雨に濡れても、乾きやすく強度の影響は受けにくい。

ただ、床下のように日が当たらない、風が通リにくい環境では
濡らしてしまうとカビが生えやすい。

カビの胞子が気流にのって、室内へ入る恐れがある。
床下でもカビは発生させてはいけない。

 

◆対策

濡れてしまったら、送風機で風を送るなど
床下の乾燥の措置を取る。

 

==============================

■(2)編集後記

「冬場でもTシャツ1枚で暮らせる家」と
足場に宣伝シートが貼られていた。

それを見た弊社のスタッフが
「うちは普通の家だけど、息子(中2)は年中Tシャツで過ごしている。
夏はエアコン設定が19℃」と言った。

温度の感じ方は個人差がある。
外国人が冬でもTシャツで歩いているのを見たことがある。

体感的なキャッチコピーは難しいと思います。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

最近の更新

2023/02/09
住宅瑕疵担保責任保険
2023/02/08
耐震等級3
2023/02/04
紛争処理
2023/02/01
冬の備え
2023/01/30
品質管理の実施具合

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影