ブログ

事例968「断熱性能が悪い家」

休み明けでスケジュールがしばらくぎっしり。

ミスが出ないように気持ちだけはゆとりを持ちたいです。

 

■(1)今回の事例______________

「断熱性能が悪い家」
_______________________

エアコン効かない
◆写真解説

大手メーカーの省エネ新築住宅。
夏はエアコンが設定温度まで下がらない。冬の朝は室温が6℃。

 

◆内容説明

ここともう1社のプレハブメーカー。
標準仕様で現行の省エネ基準をクリアしているのに
冬寒い、夏暑いという苦情が数多く出ている。

原因は仕様規定や計算だけで基準をクリアさせているためです。
隙間だらけでも、天井の断熱材が薄くても通ってしまう。

実際の性能を確かめずに「快適」、「夏暑い」、「冬暖かい」
などと宣伝してはいけないと思う。

 

◆対策

プレハブの家に高断熱性を期待しない。

 

==============================

■(2)編集後記

紛争の話し合いの場に立ち合い。

建築主と業者の言い争いが激しくなってきた時、
間に割って入り、止めようかと思いましたが、
現場監督の言い訳が面白くて、しばらく聞いていました。

「マニュアルどおりです」
「うちの標準施工です」

一般的におかしな施工が、当たり前に行われていると
認めてしまっています。

こちらに悪意があれば、いくらでもあげ足を取れます。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影