ブログ

事例982「2階床合板釘未施工」

今週、TVの撮影があります。

このところTVで欠陥住宅を取り上げる頻度が上がっています。
住宅購入時、気を付けてもらうきっかけになればよいと思います。

 

■(1)今回の事例______________

「2階床合板釘未施工」
_______________________

2階床合板釘未施工

◆写真解説

2階床合板釘未施工。釘の未施工は耐震性能が弱くなる。

 

◆内容説明

いくら壁を強くしても、2階床や屋根面が弱ければ
揺れやすい家となります。

最近の木造住宅は、火打ち梁を省略して
厚さ24mmなどの合板で床を固めます。

写真は肝心の釘打ちが未施工。
新築検査時の弊社の指摘率としては50%を超えます。
釘の数が多いため、社内検査で見落とすケースが多い。

通常、構造検討が、壁量計算だけの2階建ての木造住宅。
耐震等級2,3の計算では、床や屋根の強さも計算します。
確実な施工を行わないと、耐震等級を確保できません。

1階床は、土台が基礎に緊結されているため、計算はしません。

 

◆対策

構造検査時、2階床の釘を全数検査する。

 

==============================

■(2)編集後記

この前、現場で指摘を出したところ、
「設計担当に確認し、OKであれば直さない」と職人が言った。

強度的に明らかにおかしな施工で、図面どおりでもない。
保険会社の検査は、ミスがあっても設計者がOKだと言えばOKになるので
それと混同しているようでした。

結局は直させましたが、この職人は逃げることばかり考えているようです。
他にも加工ミスした材料をそのまま使っていたり
ミスを知っていながら、直さない職人でした。

いい職人さんが多い中で、久しぶり悪い職人に当たりました。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影