ブログ

事例987「基礎の空洞」

事務所の目の前で、消防団の建物を新築しています。

工事を見ているとコンクリートの養生なしで
型枠を取ったり、仕事が雑な印象を受けます。

こういった建物は、自分のお金で建てているわけではないので
雑な施工でも、誰も文句を言わないでしょう。

 

■(1)今回の事例______________

「打継部の空洞」
_______________________

打継空洞

◆写真解説

ベタ基礎立ち上がり下の空洞。針金を入れると貫通していた。
打継ぎを無くす一体打ちの施工で起きた不備。

 

◆内容説明

ベタ基礎のコンクリートは、最初に水平面のスラブを打設。
その後、立ち上がりを打設する。

コンクリートの打継ぎは構造の欠点となりやすく
一体でコンクリートを打つメーカーもある。

写真は、打継部強化のための一体打ちであるのに
大きなジャンカができて、弱くなっている。

新築検査での指摘。空洞を埋める指示をしました。

 

◆対策

何となく現場を見ていると見落としてしまう。
基礎完成時にコンクリートの仕上がりを目を凝らして見る。

 

==============================

■(2)編集後記

このところ続けてシックハウスの相談を受けました。

今現在、接着剤などは有害物質の放出が少ないものが使われていて
有害な接着剤を探す方が難しい。
そうなると、疑いをかけるところは建材以外になります。

シックハウスは原因特定が難しい。
体が何に反応しているか分かれば簡単ですが、
病院へ行っても特定は難しい。

有害物質も何種類もあり、検査も段階的に行う必要がある。

過去は患者が多かったため、国が動いて対策を講じた。
今は少ないので、原因特定を国に頼るのは難しいかもしれません。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影