ブログ

段階的な瑕疵検査

瑕疵検査依頼で、初回は数時間の簡単な検査をして、その検査で
何か問題がありそうなら、フルの瑕疵検査をご希望される方がたまに見えます。

この前伺った家は、図面チェックや初動の調査では特に問題がない印象でした。
その旨を依頼者に伝えましたが、フルの瑕疵検査依頼を受けました。

後日、検査を実施してみると、予想に反し、瑕疵がたくさん出てきました。

検査を2回に分けると、費用も高くなります。
また、初動調査で終わり、大きな瑕疵を見落とすリスクを考えますと
最初からフルの瑕疵検査を思い切って入れたほうが良いかもしれません。

 

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

最近の更新

2021/09/24
高さ制限を無視
2021/09/22
雨漏りか結露か
2021/09/17
事例1232 「柱の割れ」
2021/09/15
検査の出戻り
2021/09/12
新築検査の必要性

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影