ブログ

事例1015 「壁が薄い」

道路拡張による電線移動のため、今日1日、事務所は停電。
給水ポンプが止まるため水も出ません。

私は1日現場なので、何の問題もなし。

 

■(1)今回の事例______________

「壁が薄い」
_______________________

◆写真解説

防音に悩まされる家へ行くと、壁材が薄いことが多い。
図面の指示は厚さ9.5mm。現場は7.5mmで施工。

 

◆内容説明

防火の規定においても最低、石膏ボ―ド9.5mの施工が必要な箇所。
現場判断で薄いものへ変更した。

以前も防音で悩んでみえる家に行ったところ
壁材が合板5.5mmでした。

材料が薄い分、防音性能が落ちる。

壁材は石膏ボード12mmか9.5mmが一般的だと思います。
薄い材料を使い、コストを下げていると思われる。

 

◆対策

下地材の種類、厚さを確認する。

防音を必要とする部屋は、具体的な防音性能を設計者へ告げる。

 

==============================

■(2)編集後記

昨日の最後の現場で腰の筋肉を痛めました。

今日、明日仕事できるか不安だったため、
事務所近くの接骨院で針を打ち、一晩寝たら、
何とか仕事できる状態になりました。

腰の張りを少し前から感じていたため
気を付けないといけませんでした。

今日は片道240KM、明日は片道370KMの車移動もあるため、
大したケガでなくてよかったです。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影