ブログ

事例1020 「床下のゴミ」

この雨で、明日からの現場予定が動いています。

新築検査はどうしてもこの日に来て欲しいという依頼が多く、
スケジュールを組み直すのがやや大変です。

 

■(1)今回の事例______________

「床下のゴミ」
_______________________


◆写真解説

床下点検口をあけるとゴミだらけ。断熱材も落ちている。
見えない箇所が雑=他に大きな瑕疵がある可能性が高い。

 

◆内容説明

床下がゴミだらけなのは、、設備職人の品質意識が低い証拠であり、
社内検査も行われていない可能性が高い。

床下が汚い家を検査すると、重大な瑕疵が発覚するケースは100%に近い。
この家も基準法違反、構造の瑕疵がいくつか発覚した。

品質が良い家は、見えない部分も手を抜かない。

 

◆対策

引き渡し前に床下点検口をあけてみる。

 

==============================

■(2)編集後記

3月末に痛めた筋肉を、再度日曜日の夕方に痛めてしまった。

今回、程度は軽いため、仕事に支障はありませんが、
再発を防止しないといけません。

床下や屋根裏で無理な姿勢を取ることがあり
筋肉が固くなったり、落ちてくると、体を痛めやすいようです。

年頭に今年は体のケアをしようと考えていました。
継続できる体つくりを何かしたいと思います。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影