ブログ

現場品質を安定させるための有効な手段は?

現場品質を安定させるための有効な手段は?

社内検査の強化。職人対し定期的に試験を実施する。品質パトロールをするなど
いろいろな対策がある中、どれも完全ではないようです。

検査を簡単に済ませてみたり、その日は忙しいからと手を抜いてみたり、
パトロールの時だけ気を付けるなどするからでしょう。

先月、週刊誌で取り上げられたハウスメーカーで契約した方から
何件か検査依頼を頂いた。

現場へ行くと、あのニュースが出てから丁寧に仕事をしているように感じる。
今、手を抜こうものなら、再度取り上げられる可能性もあり
職人がいつも以上に気を付けているのだと思う。

常日頃から職人に対し、丁寧に施工せざるを得ない環境を作ることが
品質安定のための良い手段だと思います。

そういった意味では、我々が検査に入ることも有効だと思います。

地元ではそこそこの規模の工務店。
現場管理のレベルはかなり低い方。それにも関わらず、品質は比較的安定している。
理由を探ると、手抜きが発覚した場合、かなり厳しい罰があるらしい。
その反面、良い仕事をしていれば、仕事を切れずに与えてもらえる。

職人も安定を求めるため、仕事が無くなるのが不安。
その心理をうまくコントロールしていると思います。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影