ブログ

気密

近年、断熱材の種類でウレタン吹き付けが増えている。
ウレタン吹き付けにすることで「高断熱、高気密」をうたう会社も多い。

注意点は、ウレタンを屋根、壁に施工しても、1階床できちんと気密を取らないと、寒い家になる。
暖かい空気は上に上がり、冷たい空気が床下から入ってくる。

高断熱、高気密の家なのに暖房が効かないという家を見てきた。
原因調査の一つとして、気密測定を実施。
私の予想では3.5CM2/平米。
結果は、予想が外れ、スカスカすぎて測定不可能でした。

原因は1階床が隙間だらけ。

床下にポリスチレンフォームの断熱材を入れているので、気密が取れていると
設計した建築士は思っていたらしい。

現場カットで真っすぐ切れなかったり、
木がやせて隙間が出るため、大引きの間に挟んだ断熱材だけでは気密は取れない。

未だに高気密は悪。気密は高くしない方が良いという人がいます。
そんな人に家を造らせると、寒い家が出来てしまいます。

 

 

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影