ブログ

事例802「構造金物の不備」

今日は暑くなりました。

現場予定がないため、自由に時間を使えます。
早朝出社し書類作成業務を2時間ほど行い。
その後気分転換を兼ねて私用を済ませに帰宅。
また事務所に戻り、今から書類を書きます。

 

■(1)今回の事例______________

「構造金物の不備」
_______________________

構造金物

◆写真解説

木造の柱を緊結する金物。
L字のかど金物をこの箇所に使うと釘が2本打てない。
当然NGであり、別の金物を選択する必要がある。

 

◆内容説明

告示1460号1項2号(ろ)に該当する
柱の引抜きを抑える金物。

この告示が施行されてから15年。かなり基準が知れ渡り
ミスは減っていますが、完全には無くなっていません。

他の何かに干渉し金物が付かないケースがあります。
その時は、形状の違う金物を用意しないといけません。

写真の例は、わざわざ買うのが面倒なため、
そのまま付けられたと思われる。

 

◆対策

瑕疵保険の検査では金物が付いていれば
釘が1,2本少なくてもOKになることもあります。

隠れてしまう前に全数チェックを行う。

 

==============================

■(2)編集後記

「30年後も満足できる2世帯住宅」というCMの言葉が気になった。

内容は資料を取り寄せないと分かりませんが、

2世帯が1世帯になった時のことをどう想定しているか。
30年先の住宅の変化にどう対応していくかなど、興味があります。

時代の変化が早い今、30年後を予想することは
非常に難しいと思います。

事例801『緊結金物の長さ不足』

明日から休みの会社も多いようです。
弊社は明日も現場予定が一杯。

14日から休みの予定です。

 

■(1)今回の事例______________

「緊結金物の長さ不足」
_______________________
帯金物

◆写真解説

2×4の壁を緊結する金物が短い。
2階床部は2階壁下から1階壁上までのものを施工する。
写真は1階壁まで金物が届いていない。

 

◆内容説明

通称「帯金物」
壁が浮かないよう、窓などの開口部下に施工するもの。

2×4は釘での接合が主ですが、大きな力がかかる個所には
金物が使われます。

一般的に躯体図(パネル図)に金物の位置、種類が記載される。
規定の箇所以外に建築士が位置を指定する場合もある。

検査の時は図面を見ながら、位置を確認します。

 

◆対策

建築主が構造図をもらえない場合が多い。
第三者による全数検査を行う。

 

==============================

■(2)編集後記

比較的大手である建築会社が施工した家を検査した。
無知丸出しの施工で、耐震、省エネなど契約内容の性能が出ていない。

大手なので、すんなり修理をするかと思えば
瑕疵は一部認めるが、修理は必要ないと回答をしてきた。

修理を認めると他の現場へ波及する。免震偽装の東洋ゴムのように
損害が拡大するのを懸念していると思われる。
業者側は、裁判で負けても、1件だけの損害で済むなら、
負担は軽いと考えているのでしょう。

このところ反論が数件、来ましたが、どれもあほらしい内容ばかり。
逃げることに必死で、真面目に責任を取る気が無い業者ばかりです。

事例789『2階床合板釘打ち忘れ』

今日、新しい特殊機械が納入されました。

取扱い説明を1時間ほど受け、
あとはここ1週間くらい、いろいろ試す予定です。

この機械は性能、価格がハイグレードなため、
これを標準で使う瑕疵検査などは、検査価格の改定を
予定しています。

実際の性能を確かめてから、
金額などを決めようと思っています。

 

■(1)今回の事例______________

「2階床合板釘打ち忘れ」
_______________________
2階床合板釘

◆写真解説

2階床合板、釘の打ち忘れ。
構造の一部である床の固定不良は耐力減となる。

 

◆内容説明

新築の構造検査で、指摘する確率が高い項目の一つ。
梁と合板の接合部の釘打ち忘れ。

釘を打つ箇所が多いため、大工さんが忘れやすい。
また、切りくずなどが散乱していると見にくいため
良く見ないと検査で見落とすケースもある。

2階床の耐力は、昔は火打ち梁で取っていました。
最近は、合板で取ることが多く、釘をきちんと打つ必要がある。

 

◆対策

フローリングを張られてしまうと、釘は確認できません。
躯体が組み上がった時に全数検査をする。

 

============================

■(2)編集後記

7月の移動距離は過去最高になりそうです。
仕事柄、どこへ行くかは公表できませんが、
計10日ほどは愛知周辺以外に居ることになりそうです。

場所によっては検査費用より交通費、経費が高くなることもあります。
そこまでして私に依頼をしていただけるのであれば、
スケジュールがきつく、いろいろ無理、難題があっても
検査に行こうと思います。

遠方の検査でも、2日かかる場合、電車がない場合などをのぞき
できる限り日帰りの日程で検査に伺います。

事例776『2階床合板釘の長さ不足』

裁判所へ出す書類、瑕疵検査書類、雑誌の原稿。
それぞれ締切が迫っているため
今日、明日共に現場の予定を入れていません。

集中しないと書けないものばかり、
この週末で何とか目途を付けたいです。

 

■(1)今回の事例______________

「2階床合板釘の長さ不足」
_______________________
床合板釘
(釘頭に65(mm)の表示あり)

 

◆写真解説

2階床合板をとめる釘の長さが65mm。
構造計算での指定は75mm。
10mm短く、設計上の耐力がない。

 

◆内容説明

JIS規格品の構造釘を使っているが長さが足らない。

2階床合板の釘は、先回の屋根合板と違い、
構造計算をしていない物件でも、瑕疵に該当することがある。
それは、火打ち梁を省略している場合。
24や28mm厚の合板のみで床剛性を取る場合は、
75mmの構造釘を使う必要がある。

床剛性が低いと耐震性に影響が出る。

 

◆対策

図面に釘の種類、長さを明記する。
現場で使用する釘の種類、長さを確認する。

 

==============================

■(2)編集後記

事務所まわりの再開発に伴い、立ち退き等で
この1年で駐車場が3回もかわった。

先日、駐車場を管理する不動産屋さんと話す機会があった。
移動のたびに貸主が変わり、契約をするため、
手数料がもったいないと嘆いている人が多いようです。

 

駐車場だけでなく、土地や建物の売買時の仲介手数料も
もったいないと思っている人も多い。

仲介手数料は成功報酬制、いい面もあれば悪い面もあります。

この仕事をしていて思うのは、成功報酬制だから
多少嘘をついたり、強引な事をしてまで売る営業がいる。

売れなければ、報酬はゼロ。また、リピートで買う客は少ないため
悪意が働いてしまうのでしょう。

不動産だけに限らず、物を買う時はよく確かめる必要があります。
SNSが盛んな時代ですが、人のいう事を鵜呑みにせず
自分で情報を取り、判断することが大切です。

事例775『屋根合板の釘が弱い』

この冬、風邪を引かなかったと油断をしていたら
娘の風邪がうつったようで、のどが痛い。

やることはたくさんありますが、
早めに寝ようと思います。

 

■(1)今回の事例____________

「屋根合板の釘が弱い」
_____________________
屋根合板釘

◆写真解説

屋根合板をとめる釘が構造計算で指定した構造用の釘でない。
設計上の耐力がない。

 

◆内容説明

構造部分には構造釘を使うのが基本。
構造釘はJIS規格品であり、径が太いため値段が高い。

大工さんに釘を用意させると、屋根合板は
細く安い造作釘を使うケースが多い。

耐震等級などの計算をしない限り、違法ではないが、
耐震性を高めるには、屋根面もしっかり構造釘で固める必要がある。

 

◆対策

図面に釘の種類を明記する。
現場で使用する釘の種類を確認する。

 

==============================

■(2)編集後記

季節外れの台風が来ました。
名古屋も昼からは雨、風が強かったです。

雨漏り検査へ行くとその家は、雨漏りしやすい納まりであったり、
雨漏りしやすい材料を使っていることが多い。
デザイン優先で雨漏りリスクを考えていない。

雨漏りしやすいデザインでも、施工をきちんとすれば雨漏りは防げる。
それには職人の気遣い、知識、腕が重要になる。
しかし、この近年の異常気象は、ベテランの職人でも
予測できないようなところから雨が漏ったりしています。

雨漏りの事例についても、今後いろいろ紹介していきます。

絶対に緩まないナット

一つの現場に休憩含め、9時間半も居ました。
検査していると時間があっと言う間に過ぎます。

 

ヤフーのニュースで、新幹線に使われている
絶対に緩まないナットの記事が目に留まった。

木造で、今でも未乾燥材を使う。乾燥材を使っていても増し締めしないなど、
緩みに対しては無頓着な業者が多いです。

ナットの緩みを指摘しても、
・木が痩せるから仕方がない。
・多少緩んでも問題ない。
などと反論されることが多い。
裁判所の専門委員も同様の考えの方がほとんど。

木造用でも何社かから、緩まないナットが出ています。
需要があるから、こういった商品があると思います。

 

中古住宅の耐震性

一般的に昭和56年以降の建物は安心だという認識があります。
それは間違いではありませんが、もっと厳しめに言うなら

「平成12年以降の建物は安心」(ただし、手抜きがなければ)

平成12年の法改正で大きく違うものは、筋違いや柱の金物の有無。
大地震で筋違いや柱が外れないよう、金物施工が義務付けられました。

今日確認した家は平成11年築ですが、筋違い金物がありました。
筋違金物
(上の方は見えませんが、ボルト止めされています)
業者が阪神淡路大震災(平成7年)で筋違い柱の抜けの被害を知っていたか、
普段から公庫仕様書の基準どおりに施工していたと思います。
金物が確認できれば、耐震性に対し安心できます。

それにしても、床下が狭く、移動に苦労しました。

事例759『ボルトによる基礎の割れ』

このところ現場に出ている時間が多く、書類が溜まっています。
また、月刊誌の原稿締切も近いので、明日から書類作成に
ある程度の時間を割くつもりです。

メールの返信などが遅れるかもしれません。

 

■(1)今回の事例______________

「ボルトによる基礎の割れ」
_______________________
基礎割れ

◆写真解説

土台から外れてしまうほど、ホールダウンボルトを
基礎の端部に入れた。
躯体組み立て時に力がかかり、ひび割れが発生。

 

◆内容説明

大地震時などに柱が引き抜けることを防止する
ホールダウンボルト。

この現場は、ボルト類のほとんどが横方法にずれていた。
たぶん、コンクリートを流す最中にボルトをセットした
と思われます。※業界用語でこの方法を「田植え」と言います。

事前にセットする方法に比べると、高さや位置がずれ易い。
今時、田植えをしている業者は、品質の意識が低い。

 

◆対策

図面にボルトの埋め込み位置を記載する。
コンクリート打設前に位置をチェックする。

 

==============================

■(2)編集後記

コンクリートにクラックは付き物。

間違っていませんが、クラックを減らすこともできますし、
限りなく0にすることも可能です。

当然、運任せではダメで、コンクリートの配合から、
打設時の手順など、いろいろ行うことがあります。

職人に急にやれと言うと、単価を上げろと言われるでしょう。
少しづつ、改善をしていけば、職人も慣れてきます。

これから家を建てる方は、工事前にひび割れの起きない
基礎を造ってくれとオーダーすると良いです。
(手間などが増えるため、追加料金が発生する可能性あり)

確認に手間がかかる工法

柱や梁の接合に使う「ドリフトピン」
強度的にも優れ、採用している会社も多い。

参考資料
https://www.tanakanet.jp/contents/product/sslock/sslockct.html

構造検査では、ドリフトピンを見るのが結構大変です。
最近はドリフトピンの熱橋対策として、断熱材が施工できるように、
わざとピンの長さが短くなっているものもあります。
そのため、目視による確認が非常にやりずらい。

写真の現場も、合計3本、ピンが未施工でした。

ドリフトピン
(ピンがないため、ドライバーが奥まで入る)

 

事例740『釘の不備』

今日は今年初の検査。名古屋から200KM弱の離れている
街へ行ってきました。

いろいろ問題があり、書類を書くのが大変そうです。

 

■(1)今回の事例______________

「釘の不備」
_______________________
構造釘

◆写真解説

柱の抜けを防止する金物。
規定より弱い釘が施工されている。

 

◆内容説明

長さ90mmの構造用の釘を使う必要がある個所に
長さ45mmの細い、普通釘が使用されている。

以前、金物メーカーでこの2種類の釘を使い
引抜き実験をしてもらった。
結果は45mmの釘は、90mmの釘の3分の1の
耐力しかなかった。

地震などで柱が抜けてしまうと、建物が倒壊します。

 

◆対策

最近の金物は、ビス留めが多くなり、
ビスがセットで付いてきます。

金物の選定、チェックを行うことが重要です。

 

============================

■(2)編集後記

昨日、今日あたりの新聞に、日本の家の断熱性能の
低さが書かれていました。

今現在の省エネ基準最高ランクで建てたとしても
たいして省エネでない家が多い。

現在、国の基準に抜け道があり、
うまくそれを利用している業者もいます。

行政も気づいていて、今後の改正などで
抜け道をふさぐようです。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る