ブログ

事例440『鋼製火打ち梁の取り付け不良』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 今日、現場で会った確認申請の中間検査員。
 
 ヘルメットは被らない、
 服は普段着、靴はクロックス。
 
 現場に居る誰もが、検査員だとは気づきませんでした。
 
 たぶん検査に来る意識が低いんでしょう。
 きちんと見るつもりなら、足場の上に乗ったりするので
 クロックスにノーヘルは、ありえません。
 確認申請の民間開放は、元に戻したほうが良い。
 
 今のままですと、無駄な費用だと思います。
 
 
 
■(1)今回の事例___________
  「鋼製火打ち梁の取り付け不良」
 __________________
 
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-火打梁
 
 ◆写真解説
 
 鋼製火打梁。
 おさまらない箇所へ無理やり取り付けた結果、
 端部が曲げられ、固定の釘3本も未施工。
 
 
 ◆内容説明
 
 一応、取り付いてはいるが、
 先が曲げられ、釘固定もない。
 
 正規の状態より、どのくらい耐力が低下するかは
 実験をしないと分からないでしょう。
 
 ですから、正規の施工を行うことが大切です。
 
 
 ◆対策
 
 この商品、確か大きさが1種類しかない。
 
 イレギュラーになる場合、
 
 梁の位置を考慮するか、
 木製で現場に合った火打ち梁をつくり、取り付ける。
 
 
 
=====================
■(2)編集後記
 食べログの「やらせ投稿」のニュースで思い出しました。
 
 当社にも昨年、変な勧誘があった。それは、
 
 「インターネットの広告順位を上げます。
 方法は、上位の会社へある仕掛けをします」
 
 というもの。つまり、不正な手段で他社を欺く。
 
 
 過去にも、「検索順位を上げます」、
 「メルマガ、ブログ読者を1000人増やします」などの
 勧誘が多くきました。
 
 方法はどれも、裏操作によるもので、
 内容が伴うものではなかったです
 
 当然、どれも相手にしませんでした。
 
 
 対策は今後、出てくるとは思いますが、
 ネット情報の信憑性が揺らぐでしょう。
 
 正しい情報の入手方法を知ることが重要ですね。
 
 住宅業界の内情を広く知っていただくため
 人気ブログランキングに参加しています。
 ↓ポチっと応援、お願いします!
 
 人気ブログランキングへ 
 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影