ブログ

事例1040 「気密シート未施工」

自宅の寝室は2階建ての2階にあります。
今年の夏、エアコンを入れたのは未だ1回だけ。

夜は涼しいです。

家のある場所は標高50Mほど。
北側に大きな県の公園がありますが、環境は市街地です。

天井断熱材、風通し等を考慮して家をつくれば、涼しい家になります。

 

■(1)今回の事例______________

「気密シート未施工」
_______________________

◆写真解説

居室直上、バルコニー下のウレタン吹き付け。
外側に通気層がなく、室内側に気密シートの施工を図面で指示をしているが、施工し忘れた。
湿気が抜けず、結露を起こす恐れあり。

 

◆内容説明

ウレタン吹き付けにも種類があって、木造住宅で多く使われている
硬質ウレタンフォームA種3は、グラスウール同様、透湿性が高い。
そのため、外側には湿気を排出する通気層が必要。

ウレタンは、湿気を通さないイメージがあるため、
通気層を省略する場合でも、気密シートを忘れてしまう現場が多い。
湿気がこもり、冷えた部材に接すると、結露を起こす。

グラスウールやロックウールでは、気密シートを省略しないケースがほとんど。
ウレタンは、気密シートを省くことが多い。
(工務店さんによっては安全のため、気密シート施工を標準としている)

ウレタン吹き付けの家で、湿気が高いという申し出で伺うと、
通気層への水蒸気の排出が機能していないことが多い。

 

◆対策

ウレタン吹き付けの場合でも、気密シートの施工等
湿気対策を考慮する。

 

==============================

■(2)編集後記

今年は結露の相談が多いです。
原因は、家の中途半端な気密化だと考えております。

省エネ化が進み、断熱施工などが一昔前より変化しています。
新しいことにチェレンジすれば、失敗が出る可能性は高いです。

ここ数年は、結露被害が増えると思います。
実績が少ない工法や材料に飛びつくのは危険です。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影