ブログ

事例1044 「天井裏のカビ」

名古屋市役所付近にある工事現場の看板を見たら
「中央新幹線緊急避難口工事」と書いてありました。

身近なところで工事が始まっているのを初めて知りました。

 

■(1)今回の事例______________

「天井裏のカビ」
_______________________

◆写真解説

天井裏のカビ。新築1年目の夏、ダウンライトが故障。
天井裏にカメラを入れると、カビが大量に発生していた。原因は結露。

 

◆内容説明

天井裏に大量の水蒸気が発生。
夏を迎え、エアコンを入れると結露が発生した。
(エアコンが天井を冷やし、結露が起きた)

原因は、湿気を含んだ建材の使用と換気不足。

この事例を私が目にしたのは2件目。
同じ仕様の家で結露が起きている可能性が高い。

メーカーに苦情を言っても真面目に対応しない。
この家も器具が不良品だといい、カビ、結露を隠蔽していた。
検査に入らなければ、隠し続けるつもりだったかもしれない。

天井裏であり、気づかず生活している方も多いと思う。
リコールすべき事例だと思う。

 

◆対策

天井裏や壁内のカビは、室内側に何か異変が出ることが多い。
この家は、ダウンライトの故障以外に、虫が大量発生した。

異変を感じた際は、専門家に相談をする。

 

==============================

■(2)編集後記

住宅を買う人、造る人にとって、将来的な予想であまり明るい話題はありません。

先の心配をしていたら購入に踏み切れませんが、
いろいろな専門家が予想していることも頭に入れ、
家を買うことをお勧めします。

そう遠くない将来、大きな変化があるかもしれません。

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影