ブログ

事例1199 「壁内のカビ」

今年の夏もたくさんの結露、カビ調査依頼を頂きました。
結露、カビに関し、非を認め責任を取る会社は少ないです。
住み方、つまり、施主側に責任があると言ってきます。

裁判所の判断もこれらに関しては厳しいため、
設計、施工時の予防が重要です。
ただし、大手メーカーの設計者も良くわかってない方が多い。
来年も多くの依頼が来ると予想してます。

 

■(1)今回の事例______________

「壁内のカビ」
_______________________

◆写真解説

クロス表面にカビが発生。
壁内をあけると木下地に大量のカビが付着していた。

 

◆内容説明

間仕切壁に発生するカビの原因特定は、壁内の気流を疑い壁内を見る。
写真は石膏ボードをあけて壁内を確認。
壁の上下で隙間処理がされてなく、空気の動きを確認することができました。

夏場の湿気た外気が壁内へ入り、エアコンで壁が冷えれば、
結露が発生し、その水分にカビが生える。
コンセント等の鉄部は結露で錆びる。

 

◆対策

気流止めを確実に施工し、気密を高める。

 

 

==============================

■(2)編集後記

欠陥住宅調査の書類。
ここ数ケ月に作成した書類は、どれもページ数が多くなっています。

今現在書いているものも、不具合の数が膨大。
作成するのに丸2日くらいかかっております。

修理に相当な費用がかかりそうなため、相手が逃げないと良いですが。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る