ブログ

事例1207 「構造用合板の欠落」

今朝、積雪がなく油断をしていたところ、
道路が凍結していて、交差点での発信時にタイヤが滑りました。

急に寒くなったため、現場での服装も一昨日から真冬の格好です。

 

■(1)今回の事例_____________

「構造用合板の欠落」
_______________________

◆写真解説

1階内部の壁、構造用合板未施工。
本来、合板が梁まで達するため、天井裏で合板が見える。

 

◆内容説明

耐力壁を筋交いと構造用合板で設計している家。
現場監督が図面を見落とし、構造用合板を入れ忘れた。
その数、約10枚。

壁量計算をやり直すと、基準法の必要耐力を下回る。
つまり、建築基準法違反で危険な状態。

最終的に未施工が確認できたのは、築6年経過してから。
その間、危険な状態の家に住み続け、事実を突きつけたあとも
早急に直す気配もない。

全国的に展開している割と有名な会社。
同じような家が他にもあると思われる。自主的に調査をすべきであるが
おそらく10年の瑕疵担保保証切れを待つと思われる。

構造に関する重大な問題であるため、
行政や国土交通省に内容を通知する予定もしております。

 

◆対策

この手の構造の問題は、完全には無くなりません。
施工者だけに品質管理を任せない。
第三者であっても施工者が発注する検査をあてにしない。

 

==============================

■(2)編集後記

今年もあと10日ほどになりました。
新型コロナ感染の急増で、来週予定をしていた遠方の予定を延期。
その空いた日は、前後にぎゅうぎゅうに詰めていた予定を均しました。

年末まで欠陥検査1件。分譲の完成検査2件、
その他新築検査などで土日も予定が埋まっています。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る