ブログ

事例1239 「基礎梁未施工」

書類作成、事務作業のため、週に1日か半日は、
事務所にいる時間を確保するようにしています。
とはいえ、なかなか実行できず、ここ2週間ほどは、
出張なども多く、事務所にいる時間がかなり少なかったです。

今年もあと残り1ケ月ほど、来月もこのペースが続きそうです。

 

■(1)今回の事例_____________

「基礎梁未施工」
______________________ 

◆写真解説

1階耐力壁下(赤囲い部)に基礎梁(基礎の立ち上がり)がない。
図面どおりの施工でもなく、瑕疵保険などの検査で指摘を受けないのが不思議。

 

◆内容説明

1階の土台下には、連続した基礎の立ち上がりを設ける必要がある。
木造住宅の基本的な構造規定であるにもかかわらず、1年に1,2件
このような、おかしな基礎を検査で見る。

2階建ての住宅のため、確認申請で構造はチェックされません。
けれども、瑕疵保険の方で、基礎のチェックが入っているはず。
これで合格を出しているとすれば、検査に問題があります。

 

◆対策

2階建て住宅の構造審査省略を無くす動きも出ていますが、
いつになるかは、現時点では分かりません。

住宅の場合、設計事務所に依頼したとしても
構造担当は外注になるケースが多い。

外注先を自ら見極めるか、第三者に構造図面をチェックしてもらう。

 

==============================

■(2)編集後記

今月は完成検査が多く、多くの現場で指摘に対する是正写真を求めています。
しかしながら、半数以上の現場で写真がなかなか出てきません。

対応が遅い理由は、最終代金を回収したので
対応が後回しになっている。

 

最終代金を払わないとカギをもらえないため、
渋々払うと、いろいろ対応をしなくなる。

対応をしないことを懸念し、最終代金を止めると
弁護士から内容証明が来る。

払っても、払わなくても施主側のリスクが高い。

業者選びを適正に行えば、こういった懸念はありません。

 

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影