ブログ

事例1254 「多数のボルト締め未施工」

裁判所に出す意見書作成がいくつか重なり、
書く仕事が忙しかったです。

意見書と言っても、私見を述べるだけでは
効果がなく、裏付けデータが重要になります。

資料を探して揃えるまでが、結構時間がかかります。

 

■(1)今回の事例_____________

「多数のボルト締め未施工」
______________________ 

ボルト締め未施工

◆写真解説

鉄骨造、ボルトの締め忘れ。
小屋裏だけで8ケ程、締め忘れがあった。
検査を全くしていないと思われる。

 

◆内容説明

軽量鉄骨の家。新築ではありませんが、欠陥検査で
小屋裏に入ったところ、ボルト締めの未施工を発見。

ボルトは鉄骨を接合する重要な部品。
これが締められていない、検査されていないのは
通常ではあり得ないが、いろいろな業界で検査不正が
発覚していることを考えると、かなりの率で同じような
事があると思われる。

 

◆対策

今回のような小屋裏の部分は、高所ですが、
2階から目視で締まっているかの判断は可能。

構造が見えるうちに、目視でボルトを見るなど。

 

===========================

■(2)編集後記

家を買う方の見積書をチェックすると、昨年に比べ
明らかに価格が高くなっていることがわかります。

上げ幅の差はあるものの、価格を据え置いている
業者は皆無だと思います。

また、最低賃金で働く外国人が増えていますが、今
でも現場は職人不足です。今後、人件費も上がって
いくのは確実で、早めに買った方が得だと営業攻勢
をかけられるケースも増えています。

その他には、名古屋市の高級住宅街の購入を検討して
いる人には、インフレ傾向が続くから、価値が下がら
ない土地を買っておくとよいと勧める営業マンもいる
ようです。
その一方で、金融、不動産バブルがはじける予想を
する専門家もいるなど、どれを信じるかは、自分で
判断するしかありません。

 

 

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影