ブログ

事例1255 「工事中の濡れによるカビ繁殖」

太陽光発電の設置義務化が、東京都から将来的には
他の都市部へも広がると思います。

数は少ないですが、太陽光発電に関するトラブルも
出ていて、条例などで義務化になるとトラブルは
急増すると思います。

 

■(1)今回の事例_____________

「工事中の濡れによるカビ繁殖」
______________________ 

床下のカビ

◆写真解説

土台のカビ。工事中、雨に濡れ、乾燥が遅いと木部に
カビが繁殖しやすい。床下が一番乾きにくく、屋根や
2階床などは乾燥が早い。
1階床を濡らさないことが重要。

 

◆内容説明

基礎断熱仕様の家。工事中、1階床が雨に濡れ、床下の
乾燥が悪いためにカビが発生した。

カビが繁殖した場合は、放置しておくと、カビの胞子が、
室内まで上がってくることが多く、適切な除カビ処理が
必要。

 

◆対策

雨に濡れた場合は、合板をめくるか換気扇で風を送るなど
木部を乾燥させる。

 

===========================

■(2)編集後記

設計途中で、契約解除となって裁判をしている家の設計料
算定をしました。
建物が特殊、業務が中途半端、設計図が基準法などの規定に
違反する部分がいくつかあり、結構難題でした。

こういった設計に対するトラブルは多く、いろいろ提案して
もらったあと、正式な契約に至らないと、設計料を請求される
ケースがあります。

今回の例は、設計業務は全て完了しているという相手の主張で
役に立たない図面に満額の設計料を請求されています。

過去の判例などを見ても、契約書の有無はあまり関係がなく
最低、実働時間分は支払いする判断が多いです。

役に立たない図面なのに、相手の請求額の1/10くらいは、
支払うことになると思います。

 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影