ブログ

事例686『基礎の貫通孔』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
書類は少し溜まっていますが、
現場予定に余裕が出てきました。
ここらでまとめて休みが取れればと思いますが
社内的にいろいろやりたい雑務があるので
まとめて片付けたいと思います。
■(1)今回の事例_________
「基礎の貫通孔」
_________________
 
基礎孔
◆写真解説
配管の高さが合わず、コア抜きで上に孔を広げた。
基礎上部への孔あけは、耐力的に弱くなるため、
この会社の社内規程でも禁止している。
◆内容説明
本来、基礎の上下端から200mm以内に孔あけをしては
いけない。ただし、配管の収まり上、仕方がないときは
構造的に影響がないことを確認する。
建築士が無監理で、配管貫通孔を職人任せにしている現場が多い。
設備職人は、構造的なことは分からない。
◆対策
設備職人任せにせずに、図面上で指示をする。
=======================
■(2)編集後記
基準を守っていなくても、裁判になると逃げられる項目は
たくさんあります。
影響が少なく、修理費用が膨大にかかる場合などは
なかなか認められません。
今、書いている欠陥検査の書類でも
半分くらい裁判所は容認するでしょう。
ですから、工事中にきちんと施工させることが重要です。
大手は自分で勉強していますが、中小は無知な業者が多いです。
今日、これから検査が始まる現場の図面をチェックしていたら、
いくつか基準に沿わない箇所がありました。
きちんと基準どおりの家を造るには
業者任せではダメです。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影