ブログ

事例705『ナットの緩み』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
今日の夜放送。
テレビ朝日の「中居正広 ミになる図書館」に
写真を提供しました。
岩山健一さんが出るようですし、
家に帰って見ようと思います。
■(1)今回の事例________
「ナットの緩み」
________________
 
ナット緩み
 
◆写真解説
梁接合部ナットの緩み。写真は締め忘れたもの。
その他、木がやせて緩む場合もある。
接合部は緊結しないといけない。
◆内容説明
今日の午前中、検査に行った現場。
小屋裏へ入るとナットが10ヶくらい緩んでいました。
緩み具合から木の痩せによるものと判断。
全て締め直しました。
接合部が緩んでいると、建物が変形しやすくなったり
力の伝達に支障が出ます。
◆対策
小屋裏など手の届く箇所はあとからでも締められます。
天井裏などは締めることができないため、
緩み防止機能が付いたボルトを使う。
=======================
■(2)編集後記
メールで名前を書かずに質問してくる人が多い。
困っていると思われるので返事はしますが、
メールの内容を間違ってとらえる恐れもあるので、
詳しい返事は書かないようにしています。
名前、住所、業者名など情報を開示してくれる人には
無料でもきちんとお答えします。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る