ブログ

事例726『かぶりゼロ』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
屋根裏に入っても熱さを感じない季節になりました。
今日も30分くらい入りました。シャツ1枚なら快適な温度です。
あと2週間くらいすると寒くなります。
今が検査をするのに快適な時期です。
■(1)今回の事例_________
「かぶりゼロ」
_________________
 
かぶりなし
◆写真解説
鉄筋が型枠に近接している。
これでは鉄筋まわりにコンクリートがまわらず、
鉄筋が露出する。
◆内容説明
写真はベタ基礎をひっくり返した「逆ベタ基礎」。
鉄筋の位置が悪く、型枠を組んだら鉄筋に当たった。
規定では立ち上がりのかぶりは3CM
(土に接する箇所は4CM)必要。
直すのが面倒なため、検査で指摘を受けなければ
そのままコンクリートを流すつもりだった。
◆対策
コンクリートを流す前にかぶりをチェックする。
======================
■(2)編集後記
先日の検査で、修理にお金がかかる指摘をしたところ
立ち会っていた工務店の社長が怒り出した。
怒りの矛先は、現場監督。
無駄なお金が出ていくことに腹がたったのでしょう。
現場の無駄といえば、使える材料が捨てられているのを
よく目にします。
断熱材が一梱包、金物が箱ごと、
ゴミ箱に入っているのを目にしたこともあります。
ある工務店。現場に使えるビス、ナットなどが落ちているのを
社長が見ると、現場監督が叱られるそうです。
現場がだらしなく見えますし、ビス1本でもタダではないので
良いことだと思います。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影