ブログ

事例552『「防水テープ 接着不良』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
今週は、紛争書類の作成に追われています。
完成のノルマは、今週あと1件でしたが、、
弁護士から急に書類を頼まれたので、計2件となりました。
週末の余裕時間がなくなってしまいました。
■(1)今回の事例________
「防水テープ 接着不良」
________________
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-防水テープ不備
 
◆写真解説
窓まわりの防水テープ。
粘着が悪く、防水紙と密着していない。
これでは防水の意味がない。
◆内容説明
両面の防水テープを施工した際、
防水紙をしっかり押さえて密着させなかった。
そのため、テープの粘着面が露出した状態となり
粘着が弱くなった。
壁裏で防水の役割を果たす防水紙。
窓などの開口部は、防水テープを施工し
雨が内部へ入らないようにしています。
写真のように、テープの粘着が弱いと
隙間が出来、雨が躯体に入り込む。
◆対策
防水紙が隠れて見えなくなる前に、全体を検査する。
==================
■(2)編集後記
昨日検査に行った現場で、大工さんがこんな事を言ってました。
「最近、自分のことしか考えない職人が増えてきた」
監督が常駐しない木造住宅で、大工さんといえば、
現場の主みたいなもの。
以前は、他の業者がいろいろ気を使ってくれたようですが、
今は、横並びの感覚があるのか、気を使う人が減ったそうです。
あとの納まりを考えすに配線、配管する設備業者。
施工が楽なのか、造作しにくいように施工していく断熱屋の話など
いろいろ愚痴を聞きました。
現場の和が乱れれば、品質も落ちるでしょう。
コスト優先で、職人を簡単に入れ替える風習から、
関係が気薄になっているようです。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影