ブログ

学習効果の最大化

私の尊敬する人が、いいことを言っていました。
「学習効果は間違えたり、失敗した時に最大化される」
確かにそう思います。
ミスや間違ったことは、強く印象に残ります。
思い返すと、先入観からのミス、間違いが多いです。
例えば、
・配置のズレ
 基礎の配筋検査のとき、以前は配置を間違う訳ないという先入観から
 配置寸法のチェックをしていなかった。
 ある現場で、10CMずれていたという話を聞いてから、
 チェックするようになった。
・基礎天端の水平
 これも、職人が確認しているので、おかしい訳がないと
 思ってチェックしていなかった。
 ある現場で躯体組み立て後、2階の床の水平が悪く
 基礎が原因であることが分かった。
 現在では年間数件、基礎の水平の悪さを指摘しています。
 
当社の場合、社内検査や瑕疵検査より細かく見ているので
ミスを指摘されることはほとんどありません。
それがかえって慢心になることもあり、何か問題が出たり、
紛争などで、相手方から反論してもらうことなどが、
いい刺激になります。
 
今後も検査や、難しい紛争をこなしながら、経験を重ね
仕事の質を上げて行きたいと思います。
住宅検査カノムの
スマートフォンサイト→こちら
 
PCサイト→こちら

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る