ブログ

検査に行って、大工仕事

昨日、中古住宅検査に行った現場は、床下点検口がない。
点検口がないと、床下を確認できません。
すでに、所有権が依頼者へ移っていて、
床も全面張り替えるつもりなので、
穴をあけてよいと言われたため、あけました。
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-床下
丸ノコを握ったのは、何年ぶりでしょうか、
意外と、きれいにあきました。
これだけのために大工さんを呼んでも
余分に費用がかかります。
簡単なことであれば、当社で行います。
ただし、道具が車に積んでなければ、対応できません。
前もって言っていただくのがよいです。
住宅検査カノムの
スマートフォンサイト→こちら
 
PCサイト→こちら

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る