ブログ

事例592『鉄筋の分断』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
梅雨があけ、急に暑くなりました。
この時期になると、あせもがよくできます。
一番できる箇所は、パンツのゴム部分。
毎日、薬を塗るのが日課です。
■(1)今回の事例________
「鉄筋の分断」
________________
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-鉄筋分断
 
◆写真解説
基礎の下端筋だけT字型の交差部で分断されている。
基礎の耐力に影響する重大な施工ミス。
◆内容説明
ベタ基礎の立ち上がり。T字型の交差部。
鉄筋を所定の長さで折り曲げ、つなぎ
一体化しないといけない箇所。
ベタ基礎が流行り始めた頃は、下端筋が不用と考える
職人が多かった。
今回のような継ぎ手がない。
下端筋自体がない現場が多かった。
◆対策
これでも保険の検査は合格しています。
検査する建築士を選びましょう。
===================
■(2)編集後記
ある大手ハウスメーカーの違反を発見しました。
現在、逃げられないように、いろいろ準備をしています。
ただ、この違反がニュースになるかどうかは、わかりません。
揉み消される可能性もあります。
受注が止まる。
莫大な補修費がかかる。
その他のメーカーへ波及する。
マスコミも国も慎重になるでしょう。
今日検査した中堅メーカーの現場は、未だに防火違反を犯している。
指摘をすると監督がこう言いました。
「自社の基準では問題ない」
この会社は自社基準が優先で、建築基準法は守らなくていいそうです。
揚げ足を取るつもりはありませんが、安易な発言ですね。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影