ブログ

事例608『サイディングの施工不備』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
ある地方の裁判所。
明らかな法違反を容認する調停委員がいるため
無駄に私が動かないといけません。
今日も本来は書かなくてもいい
意見書の作成に追われています。
■(1)今回の事例_________
「サイディングの施工不備」
_________________
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-サイディング不備
 
 
◆写真解説
サイディング下部が水切りに接している。
通気層の排水を妨げると共に、断面から水を吸い、
材料が反るなどする恐れがある。
◆内容説明
カットする必要がある下屋の水切り部で
ミスが起きやすい。
サイディングメーカーの規定では
水切りから10から15mm離す。
解説に記載した以外に、断面から水が吸水すると
冬場、凍結して材が劣化する。
塗料面がボロボロになるなどの症状も見たことがあります。
◆対策
現在、サイディング屋さんも忙しい業種の一つ。
急いでいると、カットミスしても
そのままになるケースが多い。
===================
■(2)編集後記
私のことが嫌いなだけかも知れませんが、
覇気のない若い現場監督さんが多い気がします。
こちらの言ったことをやってくれない、忘れてしまうなど、
現場監督さんのやる気が薄いと、現場はうまく回りません。
最近、ブラック企業と言う言葉をよく耳にします。
現場監督の仕事も勤務時間が長い、
休みが少ないなどハードです。
このような雇用の問題もやる気に大きく関係するので
今後覇気のない監督が増えるかもしれません。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影