ブログ

事例613『鋼製束のずれ』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
昨日、慣れないことをしたせいか、
朝から背中が痛く、車に乗っているのが苦痛でした。
何とか、今は自然に痛みが引き、
書類作成など集中できそうです。
■(1)今回の事例________
「鋼製束のずれ」
________________
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-鋼製束
 
◆写真解説
1階床を支える鋼製束。
写真には写っていませんが、下に障害物があり、
横にずれて取り付けられている。
ビス固定もなく、不安定な状態。
◆内容説明
束を置く位置に、先に水道配管を置かれてしまった。
十分に固定ができていなく、大地震時などにずれる恐れがある。
本来、躯体構造が設備より優先しなければいけない。
配管をやりかえる手間を惜しんだ施工です。
◆対策
床下など普段、目に見えない箇所は
いい加減な施工が放置されていることが多い。
一度は床下を確認してみることが重要です。
===================
■(2)編集後記
今日午後からの検査に行った現場。
検査を全て終わらせることができずに帰ってきました。
理由は、隣地に入らないと確認できない箇所があり、
隣の人が不在で、敷地に入る承諾を取れなかったためです。
家がぎりぎりに建っている場合など、
稀に隣地へ入る必要があります。
下見をすれば良いのですが、
費用のアップにつながるため、今までは提案したことがありません。
数年に1度あるかないかの事ですが、
検査の内容によりましては、検査前の下見が必要になるかもしれません。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影