ブログ

頻発!建築基準法第20条違反

建築基準法第20条4号イ
「当該建築物の安全上必要な構造方法に関して
『政令』で定める技術的基準に適合すること」
この法が完全に守られていない家を連続して見つけています。
昔の家でなく、最近建てられた家です。
業者側の言い分は
「今まで同じように施工してきたが、誰からも言われた事がない」
誰は、確認機関の検査員、保険の検査員のことでしょう。
彼らは、現場をよく見ないか、『政令』で定める技術的基準を
理解していないため、ミスに気づかない。
図面が間違っていても、図面どおりの施工であればOKしてしまう。
建築士が気づかないので
当然、素人さんは気づくわけがありません。
地震が来て家が壊れ、初めて気づくでしょう。
完全な法違反のため、建築士や業者は逃げられません。
ただ、費用を安く抑えるため、安易な修補を提案された場合は
拒否し、話が付かない場合は裁判へ移行します。
無知な業者で家を建ててしまったと思われる方は、
保証のあるうちに検査することをお勧めします。
当然ですが、構造違反を図面、現場を見て
違法だと気づく建築士に依頼することが重要です。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影