ブログ

事例620『屋根壁の傾斜』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
現場で足を捻挫しました。
やった瞬間は、重傷かと思いましたが、
たいしたことなく、ほっとしています。
よく見ると、地面がかなり凸凹。
足元をよく見て歩かなかったことを
反省しています。
■(1)今回の事例_______
「屋根壁の傾斜」
_______________
 
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-壁傾斜
 
◆写真解説
屋根部分の壁の傾斜。
美観上の問題で、構造に影響はない。
高さ80CMで3CM弱傾いている。
◆内容説明
木造住宅で外観デザイン上、屋根を隠す壁。
傾いたまま、外壁が仕上げられた。
途中の検査で、下から見上げた時に
傾斜に気がつきました。
足場を解体する前だったので、外壁をめくり
やり直していただきました。
ここ最近、同様な事例として
・片流れ屋根の壁の傾斜
・小屋束の傾斜
など、屋根部分の傾斜をいくつか発見しています。
1、2階壁の傾斜は自主的に確認しても
屋根部になるとあまり気にしないようです。
◆対策
計測機材を使い、屋根面の壁の垂直を測る。
======================
■(2)編集後記
現場で大工さんと話をしました。
その大工さんは「腕が悪い」と建築業者に
たびたび注意を受けているようで、
私に改善のアドバイスを求めてきました。
大工仕事のノウハウはないので、
どこを重点に気をつけるべきかなどを教えました。
今の職人さんは、親方から早めに独立するので
人から意見を求めることも大事かもしれません。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影