ブログ

事例479『筋交い端部の不備』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
昨日、三重県まで行った帰り
ガソリンの残量が少ないことに気づいた。
事務所までの距離は、ナビの表示で58KM。
車に表示されるガス欠までの距離は83KM。
御在所SAで給油しなくても帰れると判断し、走っていたら、
桑名を過ぎた付近から、ガス欠までの距離表示が早く減りだし、
名古屋西ICでついに、残りの距離を抜いた。
そして、甚目寺北ICで表示が0になり
慌てて高速を降りて、近くのガソリンスタンドへ入った。
給油をしたら燃料タンクは、ほぼ空だったことが分かり、
危うく高速でガス欠するところでした。
車の表示、正確なものだと信じ込んでましたが
精度はまだまだのようです。
■(1)今回の事例________
「筋交い端部の不備」
________________
 
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-筋交い端部不備
 
 
◆写真解説
 
筋交いの傷、欠損と、ホールダウン金物のナット、ねじ山の出不足。
共に構造的な影響がある不備。
◆内容説明
大地震時、筋交いには大きな力がかかる。
切欠きがあると、その箇所で破壊する可能性が高い。
建築基準法でも筋交いの欠き込みは禁止されている。
もう一つは、ねじ山の出不足。
ナットを入れやすくするため、ねじ山の先端部分は形状が少し違う。
その部分にナットを固定しないように
二山程度、ねじ山を出さないとダメです。
◆対策
筋交いや金物、全箇所検査すれば
今回のようなミスは発見できます。
昨日行った構造検査でも、ねじ山の出不足を
3ヶ所ほど指示しました。
====================
■(2)編集後記
 不機嫌でイライラしながら仕事をする職人。
 楽しそうにニコニコしながら仕事をする職人。
自分の家を造ってもらうなら、どちらがいいですか?
これは聞くまでもないですね。
今週検査に行った現場でイライラした職人がいた。
ぶつぶつ文句を言いながら仕事をしている。
検査をしながら仕事ぶりを見ていたら、
材料の扱いなども荒かった。
これを見たのは大手ハウスメーカーの現場。
単価や労働環境などに不満があるのか、
ワンパターンの仕事に嫌気がさしているのか
どんな理由か分かりません。
中小工務店の現場にいる職人に比べ、
楽しそうに仕事をしている人が少ないような気がします。
住宅業界の内情を広く知っていただくため
人気ブログランキングに参加しています。
↓ポチっと応援、お願いします!

人気ブログランキングへ

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影