ブログ

事例483『雨漏りによる躯体の腐朽』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
住宅ローンの金利が低下しています。
消費税が上がる可能性もあり、今が買い時かもしれません。
しかし、焦ってはいけません。
適当な業者選びは、欠陥住宅をつかむ可能性が高いです。
大きな買い物、慎重に事を進めましょう。
■(1)今回の事例________
「雨漏りによる躯体の腐朽」
________________
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-雨漏り
 
 
◆写真解説
外壁からの雨漏りによる土台の腐朽。
防水紙を通り越して、壁内まで雨が進入している。
◆内容説明
外壁からの雨漏り。木造住宅は、
外壁の裏側に施工される「防水紙」で雨の進入を防ぐ。
本件現場は、外壁からの雨漏りの可能性が気になったため、
壁の内部を見て見たら、土台など躯体が腐っていた。
仕上げの壁にカビが生えるなどの症状はなく、
きちんと調べなければ、そのまま放置され、
木の腐朽はもっと進行していたでしょう。
築数年の建物です。
◆対策
家の小さな異変を見逃さない。
また、定期的な点検が重要です。
(瑕疵担保保証が切れるまでに、一度、
徹底的に検査することをお勧めします)
====================
■(2)編集後記
今日は施工レベルのひどい基礎を見ました。
これから壊してやりかえるそうですが、
同じ職人で施工しても、あまり良くはならないでしょう。
下手な仕事をした職人が悪いのか、
検査を適当にやった検査員が悪いのか、
原因はいろいろありますが、
施主さんは完成まで不安が大きいでしょう。
住宅業界の内情を広く知っていただくため
人気ブログランキングに参加しています。
↓ポチっと応援、お願いします!

人気ブログランキングへ

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る