ブログ

事例496『1階天井裏断熱欠損』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
カラートナーの一つが不良品だったようで、
トナーが噴出し、プリンター内全体が青色に汚れました。
買い替えを覚悟しましたが、
新しいトナーを入れたら、問題なく印刷されたので
ほっとしています。
■(1)今回の事例________
「1階天井裏断熱欠損」
________________
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-断熱欠損
 
◆写真解説
1階天井裏、壁断熱材の欠損。断熱材が梁まで届いていない。
◆内容説明
大工さんの知識不足により、断熱材が梁まで届いていない。
これでは1階天井裏の外壁面全てが断熱欠損になる。
また、断熱材の断面が露出し、気密フィルムが上部で止められていない。
これは、フラット35や長期優良住宅で選択している
省エネ仕様の施工基準に違反する。
◆対策
断熱材が正しく入れられていない現場が多い。
公的な基準は曖昧な部分が多いので、
製造メーカーの施工マニュアルに沿って施工させる。
====================
■(2)編集後記
本日、住宅紛争の裁判でした。
調停委員に腑に落ちない判断をされている項目もありますが、
客観的に見れば、それは中立公正な判断。
裁判の現状を知れば、施主、業者、皆が
もっと、品質に真剣になるでしょう。
高いお金を払って、長く住む家、
きちんと造り、もめない事が一番ですね。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影