ブログ

見積数量を騙されている?

以前、大○ハウジングで契約したお客さんが
自分でクロスの面積を計算したら、
約2倍の数字が計上されていると言っていました。
先日瑕疵検査に行った現場も、
クロスの見積面積が実面積の1.3倍から1.7倍、計上されていた。
クロスなどは材料を捨てる分があるので、数量か単価にロスを見込む。
面積にロスを考慮すれば1.3倍はまだ許せる範囲ですが、
2倍近い数字は多すぎる。
現在、多くのメーカーは
図面を入れると自動で数量が出るソフトを使い
見積もりをしていることが多い。
家のパターンは一様ではないため、
やはり人の手で拾わないと、誤差も多くなるでしょう。
正確性を確認するのは、
数箇所、自分で計算してみると良い。
天井高さ、ドア、窓の大きさが分かれば容易に計算できます。
住宅検査カノムの
スマートフォンサイト→こちら
 
PCサイト→こちら

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

最近の更新

2023/02/09
住宅瑕疵担保責任保険
2023/02/08
耐震等級3
2023/02/04
紛争処理
2023/02/01
冬の備え
2023/01/30
品質管理の実施具合

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影