ブログ

事例520『木が真っ二つに割れた』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
今日、午前中は車で豊川市へ、
その後、スタッフと別れ新幹線で静岡市へ行きます。
夕方バタバタしそうなので、出かける前に書いています。
■(1)今回の事例________
「木が真っ二つに割れた」
________________
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-束割れ 
 
◆写真解説
写真ではわかりにくいが、小屋束が乾燥により
真っ二つに割れている。
無垢の木にヒビは付きものですが、貫通割れはNG。
◆内容説明
躯体組立後、乾燥によりヒビが進行し割れてしまった。
木は乾燥するほど強度が増すと言われ、
多少のひび割れは問題がない。
ただ、このように完全に分離してしまうと問題です。
◆対策
小屋組(屋根構成部)は未だに未乾燥材を使用するケースが多い。
希な例ですが、乾燥材を使いましょう。
===============
■(2)編集後記
雨漏りで根本的な修理を行わず
雨が漏るたび小手先の修理でその場を取り繕うケース。
気づいたら10年経過し、保証が切れていたということもあります。
問題解決は、先延ばしにしないことが重要です。
また、築10年に近づいたら保証切れを意識しましょう。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る