ブログ

事例526『通れない人通口』

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
今日の午後、検査した中古住宅は、
売主さんの都合で、時間制限がありました。
大きな家でしたので、スタッフと手分けして、
重要なチェック項目から検査。
少しやり残しはありましたが、
2時間気を抜かず集中して行ったため
主要な項目をチェックできました。
■(1)今回の事例________
「通れない人通口」
________________
 
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-人通口
 
◆写真解説
基礎の人通口。トイレの排水管が真ん中にあり、通れない。
奥の部分は点検不可能。
◆内容説明
配管の位置を、最初に決めていなく
仕方なく人通口を通した。
せめて端へ寄せれば何とか通れたと思います。
床下でも奥のほうなので、バレないと思ったのでしょう。
木造住宅では、床下は隅々まで点検できるように
しないといけません。(シロアリの点検など)
◆対策
配管は人通口を通さない。
基礎が出来上がってからコア抜きするのではなく、
あらかじめ図面上で位置を決め、スリーブを入れておく。
===============
■(2)編集後記
住宅ローン固定期間満期の通知が来ました。
他社へ変えるか、変動にするか、また固定(3年、5年)にするか
3週間以内に決断しないといけません。
今後の金利の動きはわからないので、正解はありません。
経済状況を予想し、自分でよく考え判断するしかないですね。

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影