ブログ

笹子トンネル天井崩落事故の原因

今日の午前中、新築工事中の現場検査へ行ってきました。
現場はこれで年内最後です。
年明けは7日から現場へ出ます。
笹子トンネル天井崩落の原因は、
あと施工アンカーの不備だという結論へ至りそうです。
あと施工アンカーは、非常に便利なもので
建築、土木ではもちろん、木造住宅の基礎でも
アンカーボルトを入れ忘れた時などに使われます。
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-ケミカルアンカー
(ケミカルアンカー)
今回TVなどで報道されているように、施工ミスや、
接着剤の経年変化は、あと施工アンカーの懸念事項です。
通常コンクリートに埋め込んだ場合と同等の強度、耐久性があるか
はっきりしない等の理由から、欠陥住宅紛争に詳しい弁護士たちは
アンカーボルトなどの修補方法に、あと施工アンカーを
認めない主張をいたします。
私も、新築検査でアンカーボルトの入れ忘れがあった時、
強い引っ張りがかかる箇所であれば、基本的にあと施工アンカーではなく
基礎を一部壊す指示を出します。
業者が基礎を壊すことに抵抗を示すときは、あと施工アンカー施工後に
アンカーボルトの引っ張り試験を行い、強度を確かめます。
欠陥住宅を調査する建築士のブログ-ケミカルアンカー試験
(油圧による引っ張り試験)
強い引っ張りがかからない箇所は、あと施工アンカーでもOKにしますが、
施工は専門業者が行うことを条件とします。
あと施工アンカーは、道具さえあれば誰でも施工ができます。
目視では施工の善し悪しがわからないため、
指示や確認が重要になります。
住宅検査カノムの
スマートフォンサイト→こちら
 
PCサイト→こちら

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

最近の更新

2021/09/24
高さ制限を無視
2021/09/22
雨漏りか結露か
2021/09/17
事例1232 「柱の割れ」
2021/09/15
検査の出戻り
2021/09/12
新築検査の必要性

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影