ブログ

事例338(基礎の省略2)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 今朝、名古屋の気温は-3度。
 
 自宅近くの池が、一部凍るほどの寒さで
 池の周りを、歩いている人も少なめでした。
 
 
■(1)今回の事例_________________

  「基礎の省略2」
 ________________________
 
 338

 

 
 ◆写真解説
 
 別の現場ですが、先回と同じ例。
 
 完成検査で床下に入ると、
 内部の立ち上がりがほとんどないベタ基礎だった。
 
 最低、矢印箇所に基礎が必要。

 
 ◆内容説明
 
 先回と同じく、
 ベタ基礎の立ち上がりを省略された例で、
 強度不足な基礎。
 
 
 瑕疵担保責任保険に、この規定はある。
 
 ただし、規定を守らなくても、設計者がいいと言えば
 OKになるなど、厳しい現場チェックはない。
 
 ◆対策
 
 先回と同じです。
 
 無知な業者にあたると、本事例が起きる。
 
 
==========================

■(2)編集後記
 
 
 この連休中、子供と友人家族と、
 岐阜県のスキー場へ行きました。
 
 2シーズンぶりのスキー場。
 
 最近は、子供のリフト代割引など
 いろいろな値引きをやっているようです。
 
 
 スキーブームでもない今、
 割引をすれば当然、経営が苦しくなります。
 
 そうなると、変なところでケチるようになる。
 その例が私が食べた昼食。
 
 飛騨地方の郷土料理で、ジンギスカンの鶏肉版、
 「鶏ちゃん」を注文しました。
 
 出てきたものは確かに「鶏ちゃん」でしたが、
 キャベツばかりで、鶏肉は小さな2切れだけ。
 
 「鶏ちゃん」というよりは完全に「キャベツ炒め」。
 ちなみに料金は900円でした。
 
 それを見たとき、
 「グルーポン 残飯おせち事件」を思い出しました。
 http://ameblo.jp/ex-ma11091520sukotto/entry-10756568063.html

 
 こんなことでいちいち、店に文句は言いませんが
 鶏肉ケチってどうするのと思いました。
 
 また、スタッフの態度も悪く、大きな声で愚痴っている人、
 見えるところで昼寝している人がいました。
 
 これでは、値引きで人を呼んでも
 リピートする人は少ないでしょう。
 
 
 
 1回勝負の家購入では、
 業者選択の失敗は許されません。
 
 
 先日、検査依頼に来た方が言ってました。
 
 住宅メーカーがたくさんある中で、
 性能的に比較すると、どこもかわらない。
 そうなると、安いメーカーで十分と思う。
 
 しかし、あえて高いハウスメーカーを選んだ理由は、
  
  「安い分、何かがあると思う」
 
 
 一部、何もない、いい業者もいます。
 ただし、大半は予想のとおり、何かあります。
 
 そのあたりのからくりや、業者名を、
 個別相談ではお話しています。
 
 
 
 住宅業界の内情を広く知っていただくため
 人気ブログランキングに参加しています。
 ↓ポチっと応援、お願いします!
 
 人気ブログランキングへ
 
 
 
 このブログは、まぐまぐのメルマガでも読めます。
 登録はこちらから
 →http://archive.mag2.com/0000238034/index.html
 
 
 長井のツイッター
       http://twitter.com/ryojinagai

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影