ブログ

事例254(鉄筋の継ぎ手の不具合)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 今の時間は21時半。
 
 金曜日の発行を守るため
 仕事をあと回しにしてブログ書きます。
 
 
 
■(1)今回の事例_________________

  「鉄筋の継ぎ手の不具合」
 ________________________
 
 254
 

 

 
 ◆写真解説  ↑クリックすると拡大します
 
 基礎鉄筋、T字の接合部。
  下端筋の継ぎ手がない。
  
 本来は、上と中間(赤矢印)のように
 折り曲げて接合。

 
 ◆内容説明
 
 たまにある例。
 
 職人さんの思い込みで「やらなくてもいい」と
 判断しているのでしょう。
 
 
 構造的に意味がある部分であり
 接合しないと当然、弱くなる。
 
 
 
 ◆対策
 
 現在、基礎の配筋検査は
  当たり前になっています。
  
 見落としがないように検査すれば
 起きない問題です。
 
 
 
=========================

■(2)編集後記

 
 昨日と今日のスケジュールは
  特にハードでした。
 
 紹介しますと
 □昨日のスケジュール
 
 8時 1件目新築検査
 10時 耐震補強計画の打ち合わせ
 13時 2件目新築検査
 14時 3件目新築検査
 17時 4件目新築検査
 
 このあと150KM車で移動し
 20時から打ち合わせ。
 
 
 □今日のスケジュール
 
 朝から三重県伊賀市へ移動+中古住宅検査。
 15時 名古屋へ戻り1件目新築検査
 16時30分 2件目新築検査
 18時30分 打ち合わせ
 21時 電話相談
 
 
 これだけ現場ばかりですと
 書類がたまってしまいます。
 
 
 机上の書類の山を早く減らさないといけません。
 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影