ブログ

事例260(柱(小屋束)の寸足らず)

こんにちは住宅検査カノムの長井です。
 
 
 今年から、検査を依頼していただいた方へ
 2ヶ月に1回程度、別のメルマガを送っています。
 
 内容は、家のメンテなどの情報や、
 ファイナンシャルプランナーによる
 家計などのお金の話なども記載。
 
 
 こちらが勝手に登録しているため
 転居時など
 メールアドレスを変えていると届きません。
 
 
 アドレス変更された方で
 購読希望の方はご連絡ください。
 nagai@ie-kensa.com まで
 
 
 
■(1)今回の事例_________________

  「柱(小屋束)の寸足らず」
 ________________________
 
 260

  
 
 ◆写真解説 ↑クリックすると拡大します
 
 屋根を支える柱(小屋束)が短い。
 
 これでは荷重を伝えられず、
 屋根が下がる可能性がある。

 
 ◆内容説明
 
 写真は屋根裏で撮影。
 
 屋根荷重を支える柱の根元を撮っています。
 
 
 原因は、寸法の計算ミス。
 
 ミスは仕方がないとして
 そのまま建ててしまうのは悪質です。
 
 
 
 ◆対策
 
 屋根裏も完成すると見えない部分。
 このような箇所に瑕疵が隠れている場合が多い。
 
 
 工事中に検査することが一番ですが、
 できなかった場合、
 あとからでも確認してみることが大事。
 (通常、点検口などから確認できます)

 

 
 
==========================

■(2)編集後記

 
 先回、「仕上げの品質」の話を書きました。
 
 
 今週、相談があった例でも
 
 この「仕上げ品質」の悪さが原因で
 調停にまで発展する例がありました。
 
 その内容は、完成した家が、
 傷、汚れだらけ、段差など、
 
 とてもプロの仕事とは思えない仕上げ。
 
 
 だから、きれいに補修するまで最終代金を払わない
 
 ということ。
 
 
 
 家を売る業者は
 「価格」、「サービスの良さ」、「性能」
 
 そして「品質」の4点を
 売りとするケースが多いと思います。
 
 
 ただ、完成した家を買う以外は、
 契約時に品質は確認できません。
 
 
 あとから、品質で「がっかり」しないように
 
 品質については
 買う側、業者側も重視して欲しいです。
 
 品質が原因で紛争まで発展すると
 業者の「サービス」も悪くなり
 
 
 結果、「安かっただけの家」となり
 
 家を建てたことに後悔します。
 
 
 もめてから相談に来る方は皆、
 もっと早く現場を見てもらえばよかったと言います。
 
 やはり予防が重要です。

人気ブログランキング
 

安心への第一歩!まずはお気軽にお問い合わせ下さい売り込みは一切致しません

052-739-5471 平日受付9:00〜18:00

090-6614-1376 ソフトバンク 土曜日も対応

有限会社カノム 名古屋市守山区小幡南三丁目20-28 シャトー小幡駅前 303

即対応・土日検査可

24時間受付 メールでのお問い合わせはこちらをクリック

ページ上部へ戻る

最近の更新

2021/09/24
高さ制限を無視
2021/09/22
雨漏りか結露か
2021/09/17
事例1232 「柱の割れ」
2021/09/15
検査の出戻り
2021/09/12
新築検査の必要性

Contents

著書のご案内

『ホントは防げる欠陥住宅』
日経BP社 (2018/9/25)

『ホントは防げる欠陥住宅』書籍陰影

「欠陥防止の勘所」
2021年1月号~6月号連載
『日経アーキテクチュア』

『日経アーキテクチュア』書籍陰影

「現場で役立つ 欠陥防止の勘所」
2015年4月号~2021年4月号連載
『日経ホームビルダー 現在休刊』

『日経ホームビルダー 家づくりの軌跡が示す未来への道筋』書籍陰影